ikedablog.jpg

池田マッサージでは、
施術を「治療」「リラクゼーション」と分けないで考えております。
「池田マッサージ」をご贔屓してくださる方達が求めているものはその両方だと思いますし、身体と精神は表裏一体でお互いに影響を与え合っていると思っています。 ならば両方にアプローチしたいと思います。
私は皆さまの体と心の持つ回復力をマッサージで高めていくことが使命だと思っております。
今私にできることを精一杯やっていきたいと思っています。
このような精神で「池田マッサージ」は頑張っています。

この機会にマッサージの素晴らしさを体験して見て下さい。

ご予約はご都合に合わせて選べます。 ⇒ 詳しくはこちらをクリック!

ikedablog3.jpg

患者さんの疾患により、鍼・灸・吸角などを オプションとして取り入れることも可能 料金・・・1時間6000円交通費込み〜
あん摩マッサージ指圧師 第102580
鍼師 第102905
灸師 第102882

予約090−2465―1464

2010年07月02日

幼稚園年長男子の気持ち

おとといタイキは髪を切った。
切ったと言っても、少しばかり。毎日暑い日が続き、汗だらけなのだからさっぱりしたほうがいいということで、父さん床屋。

我が家の子供はみんな父さん床屋。そう、父さんはマッサージだけでなく髪を切るのもうまい。6年生のミホの髪も切る。美容院行ったのと変わらない。手先が器用というのはお金がかからなくていい。我が子も将来のためになるべく器用になるよう育てたい。

しかし子供にとって髪を切るのは結構ドキドキするものらしい。

お友達にカッコいいと言われるか。笑われるか。からかわれるか。

「タイキ〜、お友達になんか言われた?」

「何も言われなかった。」

「良かったね。」

自分が思っているほど、他の子は気づかないものだ。

「でもね〜、○○ちゃんが、髪切った〜?って聞いてきた。」

へ〜、気づいた子もいたんだ。

「○○ちゃんって女の子?」

「うん」

やっぱり女のこの方が良く気づくのかな。

「それで何か言ったの?」

「切った。って言ったら、前のほうが良かっただって〜。ひどいよね〜。」

タイキは「カッコいい」と言ってほしかったに違いない。

少し傷ついたタイキ。カッコいいと言ってほしくて同じマンションの住人の子供がいるパパさんに出会ったとき、わざわざ帽子を脱いで

「髪切ったの〜。」

と、披露していた。「そうなんだ〜。」と、ニコニコで終わっていたけど。

子供ってどこまでもほめられたい。


池田マッサージ ご予約090−2465―1464
東京都出張マッサージ 葛飾区出張マッサージ 足立区出張マッサージ 台東区出張マッサージ 葛飾区マッサージ 足立区マッサージ 肩こり 腰痛 膝痛み 五十肩 不妊症 ぎっくり腰 指圧 整体 カイロ 治療
posted by いけぽん at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック