ikedablog.jpg

池田マッサージでは、
施術を「治療」「リラクゼーション」と分けないで考えております。
「池田マッサージ」をご贔屓してくださる方達が求めているものはその両方だと思いますし、身体と精神は表裏一体でお互いに影響を与え合っていると思っています。 ならば両方にアプローチしたいと思います。
私は皆さまの体と心の持つ回復力をマッサージで高めていくことが使命だと思っております。
今私にできることを精一杯やっていきたいと思っています。
このような精神で「池田マッサージ」は頑張っています。

この機会にマッサージの素晴らしさを体験して見て下さい。

ご予約はご都合に合わせて選べます。 ⇒ 詳しくはこちらをクリック!

ikedablog3.jpg

患者さんの疾患により、鍼・灸・吸角などを オプションとして取り入れることも可能 料金・・・1時間6000円交通費込み〜
あん摩マッサージ指圧師 第102580
鍼師 第102905
灸師 第102882

予約090−2465―1464

2011年09月28日

小学校個人面談 葛飾出張マッサージ

昨日小学校の個人面談に行ってきた。

同じ兄弟でもやはりぜんぜん違う。

まずはタイキ。

「沢山の人の前では恥ずかしがるというか、声が小さくなったり、とても緊張するみたいです。普段の授業中の発表などは出来るのですが、研究授業など他の先生方が来たら発表しなかったり、日直のスピーチで前に出て話すのがなかなかできなかったり。音読の間違えを指摘したら何度も同じ間違えをして最後に泣いてしまい・・・」

つぎはコウキ。

「とても積極的ですね。バスケットボールの授業で審判をするときなど、正確かどうかは別として・・・大きな声でファール!など言えるのはコウキ君だけです。時には中に入って行ってとめたりして・・・」

タイキも入学当初よりは恥ずかしがらなくなったとは思うものの、もう少し積極的に出来るといいのだが。

入学間もないころは手を挙げて発表することも少なかったから。

恥ずかしがり、緊張するのを直すには?先生にお聞きしたところ

「慣れですね。私たち教師でも新任の頃は沢山の人の前、たとえば全校集会などで話すときは緊張しましたよ。すらすら話せるようになるには数年かかりました。」

そうなのか。タイキも早く慣れるといいのだが。

コウキは幼稚園のころから積極的だったからなあ。逆にもう少し抑えないと。

言ったところでそう変わるわけではないけど、一応タイキには

「タイキ、間違えても大丈夫だからね。泣いたりしないんだよ。みんなの前で話すとき恥ずかしいの?でも大きい声で話してね。」

それを聞いていたコウキ

「え〜〜、コウキぜんぜん恥ずかしくないよ!」

「コウキはもっとよく考えてから落ち着いて!」


でもよくよく思い出してみたら、コウキも一、二年生のころ授業参観とても緊張し、頭が痛くなったこともある。

子供はみんな学校で頑張っているようだ。

池田マッサージ ご予約090−2465―1464東京都出張マッサージ 葛飾区出張マッサージ 足立区出張マッサージ 墨田区出張マッサージ 台東区出張マッサージに 辛い頭痛を伴う肩こりや 慢性腰痛 四十肩・五十肩 不妊症などを、指圧を取り入れた本格マッサージ治療で貴方の身体にアプローチします。時には鍼灸・あん摩・整体・カイロ・お灸を取り入れて治療します


posted by いけぽん at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック