ikedablog.jpg

池田マッサージでは、
施術を「治療」「リラクゼーション」と分けないで考えております。
「池田マッサージ」をご贔屓してくださる方達が求めているものはその両方だと思いますし、身体と精神は表裏一体でお互いに影響を与え合っていると思っています。 ならば両方にアプローチしたいと思います。
私は皆さまの体と心の持つ回復力をマッサージで高めていくことが使命だと思っております。
今私にできることを精一杯やっていきたいと思っています。
このような精神で「池田マッサージ」は頑張っています。

この機会にマッサージの素晴らしさを体験して見て下さい。

ご予約はご都合に合わせて選べます。 ⇒ 詳しくはこちらをクリック!

ikedablog3.jpg

患者さんの疾患により、鍼・灸・吸角などを オプションとして取り入れることも可能 料金・・・1時間6000円交通費込み〜
あん摩マッサージ指圧師 第102580
鍼師 第102905
灸師 第102882

予約090−2465―1464

2014年01月01日

大晦日除夜の鐘 葛飾区で除夜の鐘をつく

大晦日コウキが

「除夜の鐘つきたい!」

と言うもので、葛飾区で除夜の鐘がつける所を探した所、三カ所しかありませんでした。


堀切にある 妙源寺みょうげんじ

寅さんでお馴染み 柴又にある 柴又帝釈天題経寺だいきょうじ

縛られ地蔵の 東金町にある 業平山南蔵院なんぞういん


で、堀切に行くことに。


地図を見て、父さんに行きかたの説明を受け、まあ行けるだろうと思っていたところ…間違えて沢山人がいた神社に行ってしまいました。

警備の人の「はい、自転車はこちら」の誘導のまま自転車を置き、人の列に並んで鐘の音が聞こえ始めるのを待つことしばし。

おかしい…始まらない。そうこうしてたら年が明けてしまいました。

「やっぱりここ違うかも。」

と、子供達に言うと

「お母さん〜、しっかりしてよ〜。もう〜並ばないで鐘つけるところ行こうよ〜。」

「いや、ここまで並んだんだからお参りしてから鐘つけるところ行こう!」

「なんでよ〜」

しっかりお参りした後、鐘がつけるお寺にも無事行くことができました。

よくよく考えたら鐘をつくのは「お寺」で「神社」ではありませんね。

帰り道、仕事が丁度終了した父さんと合流して「すき家」で牛丼を食べ、大満足のタイキでした。

来年はもう間違えないでしょう。でも楽しいイベントになりました。

来年はミホも一緒に行けるでしょう。







posted by いけぽん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック