ikedablog.jpg

池田マッサージでは、
施術を「治療」「リラクゼーション」と分けないで考えております。
「池田マッサージ」をご贔屓してくださる方達が求めているものはその両方だと思いますし、身体と精神は表裏一体でお互いに影響を与え合っていると思っています。 ならば両方にアプローチしたいと思います。
私は皆さまの体と心の持つ回復力をマッサージで高めていくことが使命だと思っております。
今私にできることを精一杯やっていきたいと思っています。
このような精神で「池田マッサージ」は頑張っています。

この機会にマッサージの素晴らしさを体験して見て下さい。

ご予約はご都合に合わせて選べます。 ⇒ 詳しくはこちらをクリック!

ikedablog3.jpg

患者さんの疾患により、鍼・灸・吸角などを オプションとして取り入れることも可能 料金・・・1時間6000円交通費込み〜
あん摩マッサージ指圧師 第102580
鍼師 第102905
灸師 第102882

予約090−2465―1464

2014年02月15日

バレンタインデー決戦  池田マッサージ ご予約090−2465―1464東京都出張マッサージ 葛飾区出張マッサージ 足立区出張マッサージ 墨田区出張マッサージ 台東区出張マッサージに 辛い頭痛を伴う肩こりや 慢性腰痛 四十肩・五十肩 不妊症などを、指圧を取り入れた本格マッサージ治療で貴方の身体にアプローチします。時には鍼灸・あん摩・整体・カイロ・お灸を取り入れて治療します

ああ、なぜこんなイベントが日本には出来てしまったのか・・・

バレンタインデー。

ミホは推薦の試験の時から

「合格した人だけが楽しめる日」

と言い、残念ながら手作りチョコを楽しむ事が出来なかった。

そして我が家の三兄弟。

カズキ。もう高校生ぐらいになるともらえないのが当たり前となり、クラスみんなが貰うクッキー一枚貰って「やったね」と、喜ぶ。

六年生のコウキ。「別に。」と、ちょっと気になるものの、チョコレートが食べたい!決して女の子からもらうことに意義があるわけでなく、お菓子が食べたい。

期待に胸膨らませているのが三年生のタイキ。バレンタイン前日

「お母さん!明日ぜ〜〜ったいポニースクール行くからね!」

「明日は雪だから行かなくていいよ。」

「何が何でも行く!歩いてでも!」

「なんでよ。タイキ、ポニースクールに行ったからってチョコ貰えないよ。」

「え?もらえると思う。貰ったチョコどこに置いといたらいいの?」

「だから〜、誰がくれるのよ。タイキ女の子にいじわるされてたでしょ。」

「最近はあまりされなくなったから。」

もらえるあてもないのに置くところを心配している。タイキより強い女の子ばかりなのに。

「タイキ、あまり期待しちゃダメだよ。」

「なんで?貰えないとショックがおっきいから?」

「そうよ。貰えないと思うから。」

「多分大丈夫。」

さて、決戦の日。学校では誰からも貰えず。大雪のため、母からポニースクールに行くことを禁じられたタイキ。すご〜〜〜〜く残念そう。

みかねた父さん

「子ども達にチョコあげたら?」

仕方ない。母から戦いに敗れ傷心の子どもたちにチョコのプレゼントをあげよう。

ぱぱすで色んなチョコを買ってきて小さい袋にチョコの詰め合わせを作った。

「来年はチョコもらえるかな〜?」

と、早くも来年の事を気にしていたタイキ。戦いに敗れてもまだ諦めないその根性はたいしたものだ。

その祈りが通じたのか、本日患者さんから子どもたちにチョコを頂いた。

子どもたちは大喜び!もちろんタイキは一番最初に選ぶ。

ああ、本当に申し訳ございません。我が家の子にはもったいないチョコ。みんなで仲良く頂きます。



posted by いけぽん at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック