ikedablog.jpg

池田マッサージでは、
施術を「治療」「リラクゼーション」と分けないで考えております。
「池田マッサージ」をご贔屓してくださる方達が求めているものはその両方だと思いますし、身体と精神は表裏一体でお互いに影響を与え合っていると思っています。 ならば両方にアプローチしたいと思います。
私は皆さまの体と心の持つ回復力をマッサージで高めていくことが使命だと思っております。
今私にできることを精一杯やっていきたいと思っています。
このような精神で「池田マッサージ」は頑張っています。

この機会にマッサージの素晴らしさを体験して見て下さい。

ご予約はご都合に合わせて選べます。 ⇒ 詳しくはこちらをクリック!

ikedablog3.jpg

患者さんの疾患により、鍼・灸・吸角などを オプションとして取り入れることも可能 料金・・・1時間6000円交通費込み〜
あん摩マッサージ指圧師 第102580
鍼師 第102905
灸師 第102882

予約090−2465―1464

2014年02月25日

子供の成長

今日コウキのクラスの小学校最後の保護者会があった。

最後と言うことで、一人ずつ一言何か言う事に。

皆さん、先生やクラスのお友達の親御さんにお礼の言葉や自分の子の成長した所を話していた。

母の順番の前の方。感動的にお子さんの成長を話していた。子供への愛情がとても感じられ、素晴らしかった。

次私なの〜?コウキの成長した所…本当に幼いからまだまだここです!と言えない。

たしかに、小学2年生の時、先生が作ってくれたまとめのスライドを見たときには

「ああ、成長したなあ。道路でダダをこねて道路で寝て泣かなくなったなあ。」

とか、あんなことやこんな事、小さい時の事を思い出して一人涙した。が、しかし、さすがに幼稚園と比べるという訳にもいかず。

先生にお礼だけのべました。

担任の先生には本当にお世話になった。

ともすれば、問題児と思われたり、放っておかれたりしそうなコウキを二年間よ〜くみてくれた。

テストの見直しをしないでとにかく早く出したがった時には、「見直しして、クラスの最後に出しなさい。」と指導してくれたそうだ。コウキはそれを守り、テストを出すのはいつも一番最後らしい。先生も言ってくれた。

「コウキ君、5年の時からずーと最後に出すというのを守ってくれて、すごいんです。僕は意地悪で最後に出す様に言ったわけでなく、見直しをして欲しかったのです。でも見直しが…。」

最後に出すと言うポイントは守っているが、肝心の見直しが出来ていない。先生も終いには

「心が折れそうになるんです。本当はこれでいいのでは。と。無理にいろいろ注意して直すより、コウキ君の良い所を褒めて伸ばしていければ。」

先生お子さんが生まれ、寛容になったのか?

2年間本当にお世話になりました。

中学に行っても良い先生と巡り会えると良いなあ。
posted by いけぽん at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック