ikedablog.jpg

池田マッサージでは、
施術を「治療」「リラクゼーション」と分けないで考えております。
「池田マッサージ」をご贔屓してくださる方達が求めているものはその両方だと思いますし、身体と精神は表裏一体でお互いに影響を与え合っていると思っています。 ならば両方にアプローチしたいと思います。
私は皆さまの体と心の持つ回復力をマッサージで高めていくことが使命だと思っております。
今私にできることを精一杯やっていきたいと思っています。
このような精神で「池田マッサージ」は頑張っています。

この機会にマッサージの素晴らしさを体験して見て下さい。

ご予約はご都合に合わせて選べます。 ⇒ 詳しくはこちらをクリック!

ikedablog3.jpg

患者さんの疾患により、鍼・灸・吸角などを オプションとして取り入れることも可能 料金・・・1時間6000円交通費込み〜
あん摩マッサージ指圧師 第102580
鍼師 第102905
灸師 第102882

予約090−2465―1464

2014年03月10日

手紙池田マッサージ ご予約090−2465―1464東京都出張マッサージ 葛飾区出張マッサージ 足立区出張マッサージ 墨田区出張マッサージ 台東区出張マッサージに 辛い頭痛を伴う肩こりや 慢性腰痛 四十肩・五十肩 不妊症など

ミホの担任の先生の名で手紙が届いた。郵便で。

え〜〜〜何々??先生からだったら郵便で届くのはおかしい。学校で手渡せるはずだし。よく見ると住所が西亀有。確か先生は千葉かどこかに住んでいたはず。ということは、友達のいたずら?う〜〜ん気になる。

帰って来たミホに聞くと、自分からの手紙だという。どういうこと???

一年前に自分宛てに手紙を書き、先生が保管していて先日ポストに入れてくれたらしい。

アンジェラ・アキの歌の「手紙」だ。コウキのクラスの先生も同じことをしてくれた。

五年生の時に六年生の自分にあてて手紙を書いていてこの前渡してくれた。

すごいのが、二年生の時の担任の女の先生(その後今の担任の先生の奥様になった)が保管していてくれた六年生になった自分への手紙も一緒に渡してくれた。当時はまだ結婚していなかったが、きっと付き合っていて一緒に考えてくれたのだろう。

コウキが良いと言っていないが面白かったのでご紹介。

6年生のぼくへ

ぼくは、今、体育のサッカーをがんばっています。リーダーをやっています。とてもたいへんです。ころんだり、ちがでたり頭にボールがぶつかっても なかないでがまんしてすぐ立なおんないといけません。なぜならリーダーだからです。6年生のぼくはリーダーをやっていますか。もしリーダーをやってたら なかないでりっぱにやってください。がんばってください。 2年生の池田光希より

2年生のコウキはとても頑張っていたんだな〜。と、母さん思わずうるっときていたら

「あれ?お母さん泣いているの?お母さんでも泣くんだ〜。」

鬼の目にも涙。と言いたかったのだろう・・・

未来の自分への手紙。ミホとコウキは5、6年生共、同じ担任の先生。6年生の時二十歳の自分にあてて手紙を書いて先生が保管していてくれ二十歳になる年にポストに入れてくれるらしい。どんなことを書いているのか。二十歳の時見せてもらおう。楽しみ〜。

池田マッサージ ご予約090−2465―1464東京都出張マッサージ 葛飾区出張マッサージ 足立区出張マッサージ 墨田区出張マッサージ 台東区出張マッサージに 辛い頭痛を伴う肩こりや 慢性腰痛 四十肩・五十肩 不妊症などを、指圧を取り入れた本格マッサージ治療で貴方の身体にアプローチします。時には鍼灸・あん摩・整体・カイロ・お灸を取り入れて治療します



手紙 〜拝啓 十五の君へ〜

作詞:アンジェラ・アキ
作曲:アンジェラ・アキ

拝啓 この手紙読んでいるあなたは どこで何をしているのだろう

十五の僕には誰にも話せない 悩みの種があるのです

未来の自分に宛てて書く手紙なら
きっと素直に打ち明けられるだろう

今 負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は
誰の言葉を信じ歩けばいいの?
ひとつしかないこの胸が何度もばらばらに割れて
苦しい中で今を生きている
今を生きている

拝啓 ありがとう 十五のあなたに伝えたい事があるのです

自分とは何でどこへ向かうべきか 問い続ければ見えてくる

荒れた青春の海は厳しいけれど
明日の岸辺へと 夢の舟よ進め

今 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は
自分の声を信じ歩けばいいの
大人の僕も傷ついて眠れない夜はあるけど
苦くて甘い今を生きている

人生の全てに意味があるから 恐れずにあなたの夢を育てて
Keep on believing

負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は
誰の言葉を信じ歩けばいいの?
ああ 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は
自分の声を信じ歩けばいいの
いつの時代も悲しみを避けては通れないけれど
笑顔を見せて 今を生きていこう
今を生きていこう

拝啓 この手紙読んでいるあなたが
幸せな事を願います






posted by いけぽん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック